意匠法「保護対象と保護形態」のテキストをアップしました。

2014年11月18日 18:26

◆学習ポイント

  1. 定義(意匠を構成するものであること)
  2. 部分意匠制度の趣旨
  3. 部分意匠の要件
  4. 組物の意匠制度の趣旨
  5. 組物の意匠の要件
  6. 「構成物品が適当」の当て嵌め時の留意点
  7. 動的意匠制度の趣旨
  8. 画面デザインの保護の拡充
  9. 願書や図面の記載方法(部分、組物、動的)
  10. 視認性要件を満たさない態様(肉眼)
  11. 視認性要件を満たさない態様(外視)
  12. 部分意匠制度導入により規定された条文
  13. 幅広い権利取得のための各種出願形態と意義
  14. 登録査定を高める手続きと効果
  15. その他、出願時に採り得る手続きと意義
 *重要テーマ攻略 の閲覧には会員登録が必要です。詳細はこちらをご覧ください。