意匠法「時系列問題」のテキストをアップしました。

2015年01月01日 17:33

◆学習ポイント

  1. 3条の2の趣旨
  2. 後願が形状のみの意匠の場合の取り扱い
  3. 後願が部分意匠の場合の要件(3条の2)
  4. 権利の錯綜と26条との関係(3条の2)
  5. 9条の拒絶理由への対応(関連意匠)
  6. 意3条の2と特29条の2の比較(趣旨)
  7. 意3条の2と特29条の2の比較(出願人同一の判断時期)
  8. 意3条の2と特29条の2の比較(分割・変更時の他の出願に該当する場合)
  9. 3条の2の類型を列挙
  10. 意匠の類否の判断基準
  11. 全体意匠と部分意匠の類否判断
  12. 3条1項3号と3条2項との関係
  13. 60条の6(時系列問題の留意連)
 *重要テーマ攻略 の閲覧には会員登録が必要です。詳細はこちらをご覧ください。