特許法「29条1項柱書き」のテキストをアップしました。

2014年12月07日 12:08
◆学習ポイント
  1. 医療行為の取り扱い
  2. 医療行為が産業上利用可能性を否定される理由(医療装置との対比)
  3. 発明の定義
  4. 完成発明の定義
  5. 再現性(再現確率が低いケース)
  6. ソフトウェア関連発明
  7. 発明者掲載権
  8. 職務発明規定
  9. 特許を受ける権利の確認訴訟
  10. 特許を受ける権利が共有に係る場合(譲渡)
  11. 特許を受ける権利が二重承継された場合
  12. 特許を受ける権利が予約承継された場合
  13. 特許を受ける権利が共有に係る場合(出願)
  14. 特許を受ける権利が共有に係る場合(審判請求)
 *重要テーマ攻略 の閲覧には会員登録が必要です。詳細はこちらをご覧ください。