記事のアーカイブ

ブログ「商標法で論点(判例)が多い条文は?」を追加

2018年09月16日 10:21
こちらにアップしています。 

商標法で論点(判例)が多い条文は?

2018年09月16日 10:11
 前回の流れから、今回は「論点(判例)が多い条文」として商4条1項8号を対象に、審査基準の内容とそのベースとなっている判例について理解を深めましょう。 まずは、条文の確認からです。(商標登録を受けることができない商標)第四条 次に掲げる商標については、前条の規定にかかわらず、商標登録を受けることができない。八 他人の肖像又は他人の氏名若しくは名称若しくは著名な雅号、芸名若しくは筆名若しくはこれらの著名な略称を含む商標(その他人の承諾を得ているものを除く。) 論点が多い条文ですが、審査基準では以下のような解説がされています。<審査基準:七、第4条第1項第8号(他人の氏名又は名称等)> 1.「他人

審査基準と判例、どちらがお好き?「結合商標の類否判断」

2018年09月09日 11:51
 審査段階における最高裁判決がでると審査基準が改訂されます。 最近では、PBP(プロダクト・バイ・プロセス)クレームに関する最高裁判決後に特許法の審査基準の改訂が行われました。<特許法審査基準:第 II 部 第 2 章 第 3 節 明確性要件>4.3.2...

ブログ「審査基準と判例、どちらがお好き?「結合商標の類否判断」」を追加

2018年09月09日 11:45
こちらにアップしています。 

H30短答【意匠】3-3 の解説を追加

2018年09月05日 19:26
 こちらからお入りください。 論文試験を視野に入れた解説を行っています。 来年度論文合格に向け、ご活用ください! 

ブログ「今年度の論文試験・意匠法は難問?」を追加

2018年09月02日 16:50
こちらにアップしています。

今年度の論文試験・意匠法は難問?

2018年09月02日 16:46
 今年度の論文試験は「意匠法が難しかった」という声を多く聞きますが、受験された方はどうでしたか? さて、今回は、H30論文試験・意匠法の「最後の問い」を取り上げて、「実施権と排他権」の理解を深めることにしましょう。 まずは、意匠権の効力(意23条)の確認からです。(意匠権の効力)第二十三条 意匠権者は、業として登録意匠及びこれに類似する意匠の実施をする権利を専有する。ただし、その意匠権について専用実施権を設定したときは、専用実施権者がその登録意匠及びこれに類似する意匠の実施をする権利を専有する範囲については、この限りでない。 初学者は、対応する特許法68条の学習時に「特許権の効力=独占排他権=

今年度の論文試験・意匠法の勉強会(会費:Cafe代のみ)を開催!

2018年09月02日 12:17
今年度の論文試験で「難問」と言われている意匠法の勉強会を開催します。 ゴール: 納得いく答案構成の作成! 準 備: 答案構成の事前作成 会 費: Cafe代のみお支払いください。お申し込みはこちらから。

H30短答【意匠】3-2 の解説を追加

2018年08月30日 18:30
 こちらからお入りください。 論文試験を視野に入れた解説を行っています。 来年度論文合格に向け、ご活用ください! 

ブログ「関連意匠制度の改正か?(その3)」を追加

2018年08月26日 18:12
こちらにアップしています。  
アイテム: 1 - 10 / 570
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>